妻や彼女の浮気を調査したいと考えている貴方へ

会話の中の動作かからチェック

人は会話をしていると、嬉しい時の話やあまり触れられたくない話となどをしている場合、
会話の影響による心の状態がは顔の表情以外にも行動にも影響にも出てきます。

普段、人と会話をしているときはあまり気にしないので気付かないかもしれませんが
手や足などの動きにより顕著にその人の心の状態が現れます。

 

会話をしていてボールペンで机を叩いたり、貧乏ゆすりをしていたことはありませんか、
それは会話の中での心の心理が影響して手足へ行動として出ているためなんです。
そういった行動に対して少し意識して見てください。

 

 

話を妨害する音を出す

人と会話をしているときに、
テーブルを指やボールペンでトントンと叩いたことはありませんか?
たぶんしたこともされたことも1度はあるのではないでいょうか。

 

このような行動は話を聞きたくないという心理から、
話の妨害を無意識的に行っている可能性があります。
もちろん、その人の癖の場合もありますのでそちらも注意してみましょう。

 

それ以外も、ボールペンなどの手に持っているも物を弄りだしたらその話を
それ以上聞きたくないという合図と思ってもいいでしょう。

 

 

足で地面を蹴って音を鳴らす

今の話をこれ以上聞きたくないという状態で、
かかとやつま先で地面を蹴って音を出すような行動を行います。
こういった行動は話を妨害する音を出すのと同じく無意識に行っている場合が多くあります。

 

 

爪を噛んだり、髪の毛を触りだす

貴方と話しているときに相手が、
爪を噛んだり、髪の毛を抜いたり弄りだす人はいませんでしたか?

 

その時の様子を思い出してみてください。
多くは、相手に緊張や不安を与える内容の話ではなかったでしょうか?

 

爪を噛んだり、髪の毛を触ったり抜いたりする行動は、
話が思うように進まないなどのストレスによって自傷行為を行っています。
こういった行動は、デリケートで傷つきやすい性格の人のありがちな行動ですが
物事が上手く行かないことへの苛立ちや緊張をを緩和するために行います。

 

 

話をしていると握りこぶしを作る

話をしていると手を強く握り締めるような行動は、
何らかの我慢をしている場合に多く見られる行動です。

 

強く締めた握りこぶしは、
聞いている話に反論したいが反論できないなどのようなときに
手を強く握ることで意識を握りこぶしに逸らしいます。

 

 

貴方に対して指をさす

貴方に対して指をさすような場合は、
少し甲高い声など行われることが多いいですが、
こういった行動は貴方への反発したいという気持ちが行動に出ています。

 

逆ギレして話を逸らそうとしている人などがする行動です。

 

 

腕組みをする

腕を組むという行為は、相手への警戒心や貴方への心を開いていないことの現われです。
場合によっては敵対心を持っている場合もあります。

 

これよりひどい状態になると、腕組みをして上から見下ろすような状態になると
貴方を威嚇して攻撃している状態になります。

 

 

足を頻繁に組み替える

足を組むという行動自体は多くの場合は無意識に行っている場合が多く、
相手と同じ方向に足を組んでいる場合は相手へ
好印象を与えたりリラックスしていますというアピールなります。

 

しかし、足を頻繁に組み替えるような行為は、苛立ちや焦りを感じる状態で、
その状態から抜け出したいという表れが足に出ているためです。

 

 

貧乏ゆすりをする

貧乏ゆすりも足を頻繁に組み替えるのと同じように
精神的に不安を感じている状態の表れです。
ウソなどがばれるんじゃないかといった不安な気持ちの表れです。

 

 

 

戻る